HOME
このページのトップに戻る

積み木の「基尺」について

「積み木の基尺について」ページの目次

お子様やお孫さんに積み木を買ってあげたいけど、「積み木をどうやって選んだらいいだろう」「どんな積み木がいいんだろう」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

 

このページでは、積み木を選ぶ基準として(あまり知られていないけど)とっても重要な「積み木の基尺(きじゃく)」についてご紹介していきます。年齢や発達に適した「基尺」を知ることで、お子様やお孫さんが遊びやすい積み木を選ぶことができます。

 

積み木の「基尺(きじゃく)」とは・・・

積み木の基本となる寸法を「基尺(きじゃく)」といいます

積み木のすべてのパーツに共通する基準となる寸法を積み木の「基尺(きじゃく)」といいます。大きなパーツは、基尺の倍数の寸法を使います。

積み木の基尺

【例】写真の積み木は基尺4cmです。基本とする幅がすべて4cmで作られています。

長い辺は基尺の2倍の8cm、長方形の積み木の厚みの部分は基尺の半分の2cmになっています。

丸い積み木は、直径も高さも4cmです。

 

基尺がそろっていないと、積み木を上手に積むことができません

「基尺」の定まっていない積み木は、組み合わせて遊ぶことができないので、子供たちはすぐに飽きてしまいます。うまく積むことができないので、楽しくないのです。

基尺がそろっていないと積み木を積むことができません

【例】基尺4cmの積み木は、各部分(高さ、幅、厚み)のサイズは4cm、8cm、2cmのいずれかです。

すべての積み木が「2倍」「半分」の関係なので、大きさや形の違う積み木をつんでも安定させることができます。

2歳半くらいから「この積み木を何個つんだら、あの積み木と同じ」という風に考えられるようになります。

 

どのサイズの基尺がよいか

市販の積み木には、いろいろな基尺のものがあります。3cm、3.3cm、3.5cm、4cm、4.5cm、5cmなどなど。

そんな中でどのサイズの基尺を選んだらよいのでしょうか。

実は、お子様の年齢や発達に応じて、最適な基尺があると言われています。

 

お子様の年齢が高くなるにつれ、「大きな基尺から小さな基尺の積み木」を好むようになります。年齢が高くなると、基尺の小さな積み木を使って、細かくて規模の大きな「作品」をつくって自分を表現するようになるからです。

年齢 最適な基尺
0~1歳 4.0~5.0cm。積み木を積む遊びはまだできず、積み木どうしをカチカチぶつけたり、つかんで投げたり、なめたりして遊びます。
2~4歳 4.0cm。おしゃべりできるようになると、積み木遊びもできるようになり、たくさんのパーツを使うようになります。大きすぎるパーツはたくさん使い始めると、場所をとって扱いづらくなります。
5歳~ 3.3~4.0cm。積み木で、大きくて複雑なものを作り上げようとトライするようになり、より小さなパーツで細かな表現をするようになります。また、小さすぎる積み木は、お子様が小さい場合、誤飲の可能性があります(非常にまれですが)。

ウッドキュウブの基尺は、なぜ4cmなのか?

基尺がそろっていないと積み木を積むことができません

ウッドキュウブの基尺は「4cm」です。

ウッドキュウブでは、すべての積み木について基尺を「4cm」と定めています。

例えば、図のパーツDは、高さ8cm(基尺の2倍)、幅4cm(基尺)、厚み2cm(基尺の半分)となっています。 円柱形のパーツEは、円の直径も高さも4cm(基尺)です。

 

ウッドキュウブの基尺を4cmにしている理由

◆長く遊べるサイズ

上の「年齢による最適な基尺」の表を見ていただけたらわかるように、年齢や発達によって、最適な積み木の基尺は異なります。しかし、お子様の年齢に応じて、たびたび積み木を買い換えるようなことは現実的ではありません。

よって、積み木を楽しめるようになってから、できるだけ長く遊んでもらえるように「4cm基尺」としています。4cmなら0~1歳児でも危険ではありませんし、年齢が高くなっても小さな積み木と組み合わせて遊びやすいです。

 

◆他の基尺の積み木と組み合わせやすい

相性のよい基尺

基尺4cmは他のサイズと相性がよいです。

積み木は何度も買いなおすおもちゃではありません。一度買ったものを長く使っていただくのが積み木の役割です。小さいころに買った積み木を捨てず、成長に応じて買い足していきたいものです。

その際、図のような異なる基尺サイズの積み木の組み合わせなら、つみやすく、楽しく遊ぶことができます。ウッドキュウブでは、他の基尺との組み合わせのよさで4cm基尺が採用されています。

 

参考文献:藤田篤『子育てを感動にする おもちゃと絵本』ゆいぽおと

Menu

close

close